盗難車の証明

自動車の盗難は輸出の規制緩和が行われた後に急増しましたが、最近は少なくなったようですが、以前として盗難事件は発生しています。

盗まれた車を自分で見つけ出したとしても、盗難車は盗んだ犯人から第三者に転売されているため、そのまま引き渡してもらうことは出来ません。そのため自分で頑張って探し出したとしても現在の所有者へお金と払って買い戻すことになります。元の所有者としては理不尽とは思いますが、現所有者もお金を払って買っているので双方とも被害者になります。

自動車は動産になりますが、所有権の登録ができるため、元の所有者の証明は車検証上の所有者で証明できますが、たとえ車検証上の所有者が異なっていても、実際に盗難車を購入して持っている現在の所有者にも所有権があります。

実際には転売される前に盗難車を探し出すことができれば(第三者への転売前)警察からその車を戻してもらうことができます。

警察は刑事事件としての捜査はしますが、民事不介入の原則があるため犯人が逮捕されても、盗難車が第三者へ渡っている場合には、民事上の問題(車の返還請求など)を自分で解決しなければなりません。

車の本体の盗難以外でも盗まれて車やバイクの部品がネットオークションなどで売られている場合がありますが、それを自分のものとして証明するには製造番号などが必要になり、かつ自分がその製造番号の部品を持つバイクや車を証明する必要があります。

実際にはバイクや車は車検証や登録証で自分のものであることを証明できますが、部品などをの製造番号なをを記録しているユーザーはいません。そのため、それらを自分の所有物であることを証明することはほぼ不可能なります。

結論としては盗難品が戻ってくるケースは少なく、盗まれないための方策を講じることが一番と思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください