インターネットオークションの中古車

中古車の情報はインターネットが普及する以前は中古車専門の情報誌などが一般的でしたがインターネットが普及をしはじめ通信速度が早くなりその後常時接続が普及したことでその情報が紙媒体からインターネットへと変わりました。

 
これに伴ってインターネットオークションも利用する人が増え今はほとんどどんなものでも出品が出来、誰でも落札出来るようになりました。

中古自動車の出品はインターネットオークション始まった当初からありましたがオートオークションのような規約がなく出品者と落札者との話し合いの後の合意で取引条件などを決めていたので多くの問題が有ったようです。

インターネットのオークションは自動車専門のオークションではないので、支払いなどをオークション事業者が仲介するなどして詐欺まがいの行為などを防ぐ仕組などが今ではありますが、車両状態などの問題を解決することは難しいようです。

個人間売買のインターネットオークションは消費税が非課税の利点があるので消費税率が今後上がっていくなかで利用者が増えていくようになるのではないかと思いますが、それに伴って車両規定なども併せて整備されていけばそれを利用する利点は大いにあるように思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください