自動車税

自動車税は毎年4月1日現在の所有者に課税されます。

簡単に言えば自動車を所有している人に毎年、各都道府県からその排気量に応じての税額が記された納付書が5月に送ってくることです。


この税金は自動車を保有していることで課される税金です。利用目的は道路整備などの自動車を利用するために使われているようですが自動車重量税のような目的税ではないのでその使途が自動車に関するものに全て使われているのかどうかはわかりません。

軽自動車を除く自家用と事業用乗用車の場合には1000cc刻み毎に税額が上がっていきます。
その他エコカー減税、11年を超えた場合の税額割増など複雑な課税方式になっています。
自動車税の県外への移転登録時に在った未経過期間の還付制度が廃止されたため、旧所有者と新所有者間で未経過期間(月割り)の清算が必要となりました。
自動車税は国税ではなく各都道府県で課税されるのですが全国一律の税額になっています。
そのため各都道府県税事務所の自動車税額の一覧表は同じになっています。
税額は下記を参照してください。
自動車税は登録を抹消すると未経過期間が月割で還付されますが県外に登録が移転した際の月割還付制度は廃止されたので、転売した際は旧所有者と新所有者の間での月割での精算が必要になりました。
日本の自動車税は世界一高い税金になるようです。その他自動車関連の税金を合わせると自動車を保有する上での一台あたりの税金の総額も世界一高いとなるようです。


スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください