自動車買取専門店

以前は自動車販売店が下取りの形でユーザーから買い取ったものがそのまま展示され、売られるか、またはオートオークションへ出品されていましたが、自動車買取専門店が登場して以降は代替えする車をそのまま下取りに出す選択肢の他に自動車買取専門店で売却することが容易に出来るようになったことで、

販売店は新車や中古車の販売を中心に、買取店は下取り車を買い取ってオートオークションへの中古車の流通形態が変化していきました。

同時に新車の販売店も買取を強化して下取り車の確保に力をいれるようになったことで自動車買取業界は競争が激しくなりました。

数件の自動車買取店で価格の比較をしての中古車の売却が出来るのでユーザーにとっては選択肢が増えました。それに伴って自動車買取専門店のインターネット上の広告を多く見かけるようになりました。

以前は街道沿いに買取の看板で集客していましたが今はネット広告が主流のようです。インターネット上の自動車買取専門店の広告には二つの形態があるようです。一つは自動車買取専門店が直接広告を掲載して集客する。もう一つはネット上に広告を掲載して集客して各自動車買取専門店へ情報を売る形態です。

この場合は広告を掲載している会社に登録している自動車買取専門店へ買取を希望している顧客情報を一件あたりいくらかの値で売ります。

ネット広告業者は区域ごとに登録された自動車買取専門店へ一斉に自動車買取情報を流して一件あたりの情報を売っています。同一区域に一斉に自動車買取を希望する情報が自動車買取専門店へ同時に流されることによって情報を受取った自動車買取専門店はその客へ一斉に連絡をします。

自動車買取専門店は買取が出来るか否かに関わらず情報料を支払っているので、他の同じ情報を受取った自動車買取専門店との激しい競争になります。このことが強引な買取交渉に結びつき客とのトラブルを生む原因になっているようです。

下取り買取の中古車はいずれにしてもオートオークションへと流通する場合がほとんどなので、どの業者が中古車を買取下取りをしても売る場所が同じであれば、買取価格をいかに下げるかで利益に結び付けることが出来ます。

高価買取またはどこよりも高い価格で買い取ることをうたっている広告をよく見かけますが実際には高価買取で集客していかに買取値を下げるための交渉をするかが実態のように思われます。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください