自動車保険

自動車保険は自賠責保険が強制保険と言われるのに対して任意で加入することから任意保険ともいわれます。

 


自動車保険は損害保険会社で扱われます。保険会社は生命保険を扱う生命保険会社と自動車保険、火災保険、傷害保険などの損害保険を扱う損害保険会社があります。
また自賠責保険、自動車保険は共済でも扱っています。

自動車保険は長く損害保険会社が代理店を通して募集されて来ましたが、金融緩和のなかで外資系の損害保険会社が広告媒体を使っての直接募集がされるようになりました。同時に今まで一律だった保険料が自由化され各保険会社ごとに保険料とサービスに違いがあり自動車ユーザに選択の幅が出来ました。

一般に既存の損害保険会社は募集拠点と代理店を置いての募集をしているため、代理店も募集拠点も持たない外資系の保険会社より保険料が高くなっています。

保険はもしもの時の安心を買っているので保険料の比較だけでは存の保険会社が良いか、外資系の保険会社が良いかとの選択は出来ないように思います。

その理由は既存の保険会社は事故の受付処理を行う損害調査の拠点を持ち長くそれを運用している実績と代理店を通しての事故受付などの独自のサービス体制を長く維持してきたこと、また一般に外資系の保険会社は等級の低い契約を引き受けない傾向にあるなどがあります。

自動車の保有台数の減少の中で契約者数が減少し、損害保険会社の統廃合が続いている状況にあり、一部の既存の損害保険会社は広告媒体による自動車保険の直接募集も始めています。
今後は損害保険業界の再編がさらに進み自動車保険の在り方も更に変化していくものと思います。


スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください