中古車 税関検査

中古車を輸出するには税関の許可が必要であり、申告のさいに抜き打ちで税関検査が行われる場合があります。

全ての輸出品は通関後に輸出されるのですが、全ての輸出品を検査することは物理的に不可能なため、ランダムに抽出し税関検査が行われています。

kimg0003 kimg0004

中古車は本来自動車に備え付けられている、車載工具やスペアタイヤまでが自動車とされ、それ以外の物品が車内に積み込まれている場合は車両本体とは別に通関をしなければなりません。

また、中古車をRo-Ro船で輸出する場合、ほとんどの船会社では車輌本体に物品の積み込みを許可していません。

実際にはオートオークションから保税ヤードへ直接陸送するケースがほとんどのため、トランク内にホイール付のスタッドレスタイヤなど旧所有者の備品が積まれたまま搬入されているケースが多いのが実情です。

厳密に言えば、これらの中古車を中古車本体だけ輸出品として申告すると虚偽申告になります。実際には輸出検査はランダムに抽出して行われているため、そのほとんどはそのまま輸出されているのが現状です。厳密に言えば中古車本体以外の物は別に申告をしなければならないのですが、旧所有者の備品程度ならば税関検査となっても、虚偽申告となることなくそのまま許可されます。

実際上、虚偽申告になるケースとしてはハイエースなどのバンの荷台やアルミバンのトラックの荷台に多数の物が積まれていたり、発電機などの大きなものが積まれている場合には、明らかに故意に積み込んだと判断され税関検査のときに発覚すると虚偽申告になります。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください