自動車ABSランプ点灯

今現在、販売されている車はABS、アンチロック・ブレーキシステム(Anti-lock Breake System)標準で装備されています。

 

ABSはブレーキのを作動させる油圧を自動的に制御しブレーキ制動時にタイヤがロックをしないように油圧をコントロールしています。ABSが装備される以前は教習所で習ったポンピングプレーキで油圧を人間がコントロールしていましたが、今ではコンピューターで、それが最適にコントロールされ事故防止に役立っています。

ABSランプ点灯はメインスイッチをオンにした後、数秒点灯し消灯しますが、ABSを作動させるための各部のセンサーなどに異常があるとABSランプ点灯しABSに異常があることを知らせています。異常を箇所を確認するには整備工場に持ち込、故障診断器に繋いでエラーコードを読み取ります。

故障診断器

故障診断器

センサーの故障がある場合には交換し、故障診断器でABSランプを消灯させます。

ABSランプ点灯の点灯時には自分の判断で故障個所を見つけることは出来ないため、すぐに整備工場に持ち込点検してもらいましょう。また同時にブレーキパッドの摩耗や他に不具合箇所がないかの点検も一緒にしてもらった方がいいですね。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください