自動車事故 代車料と休車料

自動車事故ににより破損した自動車の修理や全損による買い替えの場合には代わりの車が必要になりその費用の請求ができます。

代車料は事故車の修理期間や事故により買い換えた車が来るまでの間の期間中に代車を借りた場合の借料になり、休車料は使用できなかった期間のその車による収入の減少分になります。

被害者はこれらの両方を請求することは出来なく、代車料か休車料のどちらかを請求することになります。

代車料、休車料は原則としてタクシーやトラックなどの営業車の場合になり、休車料は修理期間中のその車の一日の平均売上から人件費や燃料代などの経費を差し引いた純利益になります。また、休車期間は通常は修理期間となります。

一般的には自家用車の100:0の事故の場合、保険会社では代車料の請求を認めてもらえます。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください