中古車 支払い総額表示

中古車の店頭価格の表示には車両本体価格表示のほかに支払い総額表示があります。

price board

車両本体価格表示は本体価格と消費税の表示になり、販売条件に合わせて、その都度、見積もりすることになります。

支払い総額表示では一定の条件下で表示された価格が支払い総額になり、購入の際に必要な費用が全て総額表示に含まれます。一定条件下とは、登録時期、県内登録などがあり、客からの特別な要望がある場合は支払い総額には含まれません。

支払い総額で中古車の購入を検討する場合には併せて、そこに表示されている内訳が重要になります。内訳で確認することとしては車両本体価格の他、①自動車税、重量税、取得税などの税金や自賠責保険などの保険料、リサイクル料金、検査登録印紙、ナンバー代などを含めた登録に必要な経費が支払い総額に含まれている、②登録地域(県内登録)や納車方法(店頭渡し)などの一定の条件が明記されているなどがあります。

契約時に「支払い総額には〇〇と〇〇は含まれてないため別途見積もりになります」などとならないためには契約前に支払い総額表示に含まれる範囲を再確認をしてからの契約が重要になります。

支払い総額表示にはポッキリやコミコミ価格などがありますが、正式には支払い総額表示にこれらの言葉を併せて表示することになっています。また支払い総額は簡単にいえば乗り出し価格になるので、支払い総額の他に別途〇〇費用がかかるというのであれば支払い総額表示にはなりません。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください