スバルR2

1969年スバル360の後を引き継ぎ、スバルR2が登場した。基本的にはスバル360のメカニズムを踏襲しながら新しいボディーとなった。

r2

1969年スバルR2 スーパーデラックス

シリンダーブロックがアルミ合金になった2サイクルエンジンはリードバルブを採用したことなどからスバル360より5馬力出力が上がり30馬力/6500rpmとなり最高速も5km早い115kmとなった。ホイールベースが120mm伸ばされ室内スペースが広げられ、フロント(ボンネット)にトランクスペースが設けられた。

r22 r23

1969年スバルR2 スーパーデラックス

スバル360では若向けのスポーツタイプへの市場動向の対応に遅れたことがあり、軽自動車市場での巻き返しをはかるため、すぐにスポーツタイプを加えることになった。スポーティーデラックスでは32馬力、SSでは36馬力となり、SSではラジアルタイヤが標準となった。

r24  r26

1970年スバルR2 SSとR2 GLのダッシュボードまわり

r27

R2 SSの運転席まわり

1971年にはフロントグリルふうの飾りが付けられ、セダン系のエンジンはスポーティーデラックスと同じ32馬力にアップされた。

r25

スバルR2 スタンダードとSSを除いて付けられたフロントグリルふうの飾り

競争が激しい軽自動車の中で落ち込んでいたスバル360にかわって登場したR2の登場により、スバルの軽自動車の販売実績がしだいに上向いていった。

🚙 中島飛行機スバル1500スバル360①スバル360②スバルR2スバル1000



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください