未成年者の自動車登録

未成年者が自動車の所有者登録するには親権者の同意書が必要になります。

 

同意書

実際には、登録時に通常の登録申請書類に同意書を加えて申請します。同意書には親権者の住所氏名を記入し実印を押印します。添付書類は登録する未成年者との関係を証明するものになり、戸籍謄本などの書類を添付します。

よくあるケースとしては、通常の名義変更と同じように移転登録などの申請書類を作成し、同意書には、申請者の両親(父、母)の住所氏名を記入し、戸籍謄本と父親の印鑑証明を添付します。

未成年者でも印鑑登録はできるので、実際には同意書に加えて登録者本人の印鑑証明に実印があれば登録書類が作成できます。

自動車は他の動産とは違いその市場価値が数十万から数千万円にもなることから所有権の登録が出来、準不動産のようなものであり、また、物損事故、人身事故が起きた場合の損害賠償能力が未成年には乏しいため、未成年者の登録には親権者の同意が必要になります。

 



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください