中古車 shipping instruction

中古車の船積みには通関用のinvoiceの他に、B/Lの基になるshipping instructionが必要になります。中古車をRo-Ro船に積む場合には1B/Lに1台を記載するケースが多くあり、その場合には下記のようなshipping instructionが使われます。

shipping instructionの書式は様々ありますが、これといった決まりはないようなので必要事項が明記されていれば問題はないようです。

shipping instruction

上記のshipping instructionでは、上段に日付からvesselには船名、Lineには船会社、port of loadingには積み地、sailing onに出港日、port of dischargeには仕向け地の港、distinatiuonには最終仕向け地を記入します。

中段にはshipper、notify、consigneeを記入します。L/Cの場合には一般的にnotifyに現地バイヤーの住所氏名または名称と住所、consigneeはL/VC発行銀行になります。その他は必要に応じてL/C No.などをL/C条件に合わせて記入します。

下段はB/Lの発行地など必要に応じて記入しますが、いつも利用する積み地や通関業者が決まっている場合などには省略しても問題ありません。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください