スリランカへ電気製品などの中古品の輸出

日本から主にスリランカへ中古品として輸出されているものには中古車があります。自動車以外の中古品の輸入は商品ごとに規制があります。自動車のような厳しい規制はないのですが、輸入禁止になっている物もあるので注意が必要です。

P1180205 P1180268

家庭用品の中で輸入が禁止されているものには中古木製家具があります。これは現地での材料を使い生産されているため、現地の産業を守る意味で輸入が禁止されています。その他には中古エアコン、冷蔵庫、洗濯機など電気製品の中にも輸入禁止されているものがあります。洗濯機は自国で生産しているので中古品の輸入が禁止されています。

%e7%9a%bf 1-10

その他の中古品は概ね輸入が可能なようですが、輸出をするのであれば商品ごとに事前の確認が必要です。また、高額な関税を課されることのないように事前の調査が必要です。関税は商品ごとに細かく税率が決められているのですが、インボイスに記載されている商品に一つ一つ関税をかけられると高額になるのでインボイスの作成にも注意が必要です。

20-b 60-1 kimg0008 kimg0032

現地で流通している家電などでは中古品として輸入されたエアコンなどがあります。中古エアコンは輸入が禁止されているのですが、実際には輸入されているようです。同様に他の輸入が禁止されている中古品も実際には輸入が可能なようです。

掲載した写真にある中古品のほとんどは輸入が禁止されているものなのですが、輸入をすることができたようです。

輸入が禁止されている中古品を輸入する場合には、税関の担当者などの関係機関に事前にその旨を話し承諾を受けることで例外的に輸入をしているようです。また、この場合は特別なお金が必要なようです。

その他、船荷証券(B/L)には詳細を記載せず(home-appliances)と記載し、インボイスには輸入が禁止された中古品の記載をせずに通関しているようです。また、取引価格を調整するためにインボイスに記載されている中古品は実際にコンテナに積み込まれた商品のほんの一部だけを記載しているようです。

現地で何かあれば商品を没収されてしまう危険がありますので、注意が必要というよりはこういう中古品は輸出しないほうが良いと思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください