スリランカのタバコ事情

スリランカでは路上での喫煙が禁止されています。

そのためかタバコのを販売しているお店も見かけません。


また、レストランなどの飲食店やその他の施設などでも喫煙場所をもうけているところはほどんどありませんでした。 

スリランカではタバコの値段も高く10本入りのタバコが500Rps(約500円)していました。
出国前に成田空港などの免税店で買って現地へ持ち込む目的のタバコ(1カートン)はスリランカへ入国の際に税関で課税されることもあるので注意したほうがいいですね。
通常、団体のツアーであればスリランカの税関は手荷物の検査は受けずに素通りできますが、単独の旅行では荷物を全て出して検査されることがあります。特に酒類やタバコの他に新品の電化製品などしつこく使い道を聞かれることがあります。
街中の環境をキレイに保つことを目的に路上での喫煙を禁止しタバコの値段を高くしたようです。
そのためか路上のゴミは少ないように感じます。
スリランカ国内を全て観光地化する政策の一環といったところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。