被災者仮設住宅 スリランカ

2004年12月26日のスマトラ島沖地震・津波災害は、インド洋沿岸地域で死者・行方不明者22万人、被災者200万人を超える未曾有の被害をもたらしました。

トリンコマリー ニラヴェリの津波被災者のための仮設住宅

この大津波の被害はスリランカでも大きく、津波発災直後から、医師や看護師などの救援要員がインドネシアとスリランカの被災地に派遣され、被災者の診療のほか、救援物資の配布や仮設住宅の設置などの支援活動が行われました。

スリランカの東側に位置するトリンコマリーでは他の地域に比べ被害は大きくはなかったようですが、仮設住宅が建てられ今に残っていますが、現在は使われてはいないようです。希望があれば安い賃貸料で借りられるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。