自動車登録 委任状の意味

自動車の登録では(除く軽自動車)委任状を添付して登録する場合がほとんどになります。また、オートオークションで中古車を販売した場合の譲渡書類一式では委任状は必須となります。

自動車の登録以外でも役所に住民票などを申請する場合には本人が申請する場合には本人確認、または第三者が申請する場合には第三者の確認及び使用目的を明らかにして申請することになります。

自動車の登録でもほぼ同じことなのですが、自動車の登録の場合で第三者が申請する場合には所有者が登録権限を第三者に委任する形で申請します。

簡単にいえば住民票などの申請用紙にある窓口に来た人の欄が委任状になります。

自動車の登録申請には様々な形があるのですが、よくあるケースとしては移転登録(名義変更)があります。オートオークションで中古車を販売した場合には新旧の所有者が車検場で直接に移転登録を申請することはなるので、代理人(受任者)に登録権限を委任する形での登録になり委任状が必須となります。

ほとんどないケースですが、委任状なしでの移転登録ではOCR1号用紙に新旧所有者の実印を捺印し新旧所有者が直接申請することもできます。また、旧所有者が新所有者へ登録権限を委任する場合には旧所有者の委任状と新所有者がOCR1号用紙に実印を押印して、新所有者本人だけで直接申請ができます。

k ocr1

通常は新旧所有者から第三者が登録権限を委任されて登録を行うケースがほどんどなので、委任状の委任者欄には新旧所有者の住所氏名、登録権限(移転登録など)、受任者の住所氏名が記載された委任状が必要になります。自動車の所有権が移転する場合の印は実印とされているため、移転登録の委任状には実印が押印されることと印鑑証明が必要になります。

9493d4c598f8f876514a01f95d126c7a

*法人の場合には法人が直接に出向いて車検場で登録申請をすることはないため、法人の代表取締役が直接申請する場合でも委任状は必須となります。

*登録が抹消されている場合には旧所有者の委任状は必要ありません。

自動車の登録書類の委任状と譲渡証は訂正印で訂正は出来ないので、書き損じがあれば全て書き直しになります。言い換えればオートオークションで買った(落札)した車の委任状、譲渡証を書き損じた場合にはその書類を差し替えなければなりません。

名変書類差し替えは出品者名義ので出品された車の場合には3万円くらいの差し替え料になりますが、そ以外の場合には差し替え料に実費請求が伴う場合があるので注意が必要です。

委任状は旧所有者(現所有者)または新所有者から登録権限を委任(代理人)される書類になります。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください