自動車保険 他車運転危険担保

自動車保険には様々な特約が付帯されていて、他車運転危険担保では友人の車や修理業者などから一時的に借りる代車て事故を起こした場合に自分の契約している自動車保険で補償がされます。

自動車保険で担保される範囲は自動車保険の種類や特約ごとに異なり、他車運転危険担保でも担保される範囲があります。

一般的に自動車保険には自家用車かつ記名被保険者が個人の契約の場合には自動付帯されていますが、自家用車の担保される範囲は用途・車種が自家用乗用車(普通・小型・軽四輪)、自家用貨物車[普通(最大積載量2トン以下)・小型・軽四輪]、特種用途自動車(キャンピング車)であるものに限られています。

他車運転危険担保での他車は一時的に借りた友人知人の車、レンタカー、修理のための代車などとなりますが、あくまでも一時的にということであり、他人名義の車を常時使用している場合などは一時的ではないため、保険金の請求時に調査の対象になる可能性があります。

そのため、家族で数台の車を所有し、その中で一台だけ自動車保険に加入して他の車を他車運転危険担保で補償を得るような契約は出来ないことになります。

他車運転危険担保はあくまでも一時的に借りた車になるので注意が必要です。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください