自動車登録 住民票の除票と戸籍の附票

車検証に記載されている住所と印鑑証明の住所が異なる場合の自動車の登録では、住民票で車検証上の住所と現住所である印鑑証明の住所を繋ぎ、印鑑証明の人物が車検証上の所有者と一致させる必要があります。

通常は住民票を取ると、そこに前住所が書かれていて現住所と車検証上の住所を繋ぐことができるのですが、県をまたいで何度も引っ越しを繰り返したりしていると、住民票だけでは住所を繋ぐことが出来ない場合があります。

住民票は現住所を証明するものではあるのですが、住所を移転した記録を全部証明するものではないため、その人の移転してきた記録を履歴として全部証明する書類ではないため、何度も住所変更を繰り返していると車検証上の住所にたどり着く前に住所の履歴が途切れてしまうことがあります。

住民票の除票などで住所を繋ぐことが出来れば住所のある役所ですべての住所を繋ぐ証明書を取得することが出来るのですが、それができない場合には戸籍の附票で証明することになります。

戸籍の附票は戸籍に添付されている詳細のようなもので、住所の変更があった場合には現住所のある役所から戸籍のある役所にそれが通知され戸籍の附票に記録されます。そのため、住所変更の履歴となります。

現住所に戸籍が有れば住民票のを取得した役所で取れますが戸籍のある役所が異なる場合にはその役所の窓口へ行くか、郵便で取り寄せることになります。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください