スリランカの中古車販売店

スリランカの中古車販売店では日本から輸入された中古車が多く売られています。

スリランカでは日本車の人気は高く、今現在でも日本から中古車が輸入されています。
走っている車をみても日本車が圧倒的に多いのでその人気の高さが理解できます。
韓国製の新車販売店もありますが中古車としての価値が低く転売をすることが難しいため、あまり売れてないようです。
中古部品の販売店
日本へ自ら出張し車を買い付け車を半分またはエンジンルーム部分を切り取りコンテナに入れて部品として輸入しているようです。これだけ多くの日本車が走っていれば当然部品が必要になるので、こういった部品販売店は多く見られます。
トリンコマリー近くに有った放置されたメルセデスベンツトラック
おそらく使い終わってそのまま放置されているようです。フロントグリルからメーカーはわかるのですが年式もわからないですね。日本では古い車は解体されスクラップにされますが、スリランカでは多くの車が補修して長く使われています。そのため、スリランカではどこでも日本車の古い車も多数見かけます。それらをみると昭和40年の後半制の自動車からありますが、今でもそれらが現役で走っているのがすごいですね。コロンボなどの都市部では輸入されたばかりの新車も多く走っていますが、地方に行くと古い年式の車が多くなります。
特にトリンコマリー周辺は内戦が長く続いたせいか、いつの時代の車かかわからないようなものを多く見かけるような気がします。
また、コロンボではクラシックカーの復元をしている専門の整備工場があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。