走行距離 表示桁数

自動車の走行距離の表示桁数は6桁であり、大型トラックやバスなど走行距離が100万kmを超えて運行されているものであったも6桁表示になっています。

オートオークションの出品票にはメーター交換(走行距離計)は$、走行距離の改ざんは*、走行不明は#が走行距離の前に記入されています。

$と*は点検記録簿などにより明らかな場合になり、#は現車の状態と走行距離数から現車の走行距離表示が疑われる場合になります。

大型車両は通常100万km超えて運行されていて、200万km、300万kmの走行距離は珍しくなく、6桁の表示では実際の距離表示は出来ないため、オートオークションへ出品された時には、#走行不明車輌となるケースが多くなっています。

大型車両は営業ナンバーが付いて運行されていた車輌がほとんどであり、これらの車両は認証工場、指定整備工場での法定点検が義務付られているため、新車からの全点検整備を記録した点検記録簿は存在していたはずなのですが、実際には走行記録なしの#走行不明車輌となっています。

200万km、300万kmを超える走行距離が現車やオートオークション出品票に表示されていた場合は購入することに抵抗感を持つ落札者もいるかもしれないので、点検記録簿が処分され#走行不明となっているように思えます。そのため、大型車両の走行距離計は7桁表示が実情に合うと思います。



スポンサード リンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください